ダニ退治して寄せ付けないように対策する|健康被害を受けない為に

蜂の駆除をしよう

ベランダや玄関、庭などに蜂の巣が作られてしまった場合、自分で退治する必要があります。巣が小さいうちに駆除してしまうと楽ですから、しばらく様子を見るのではなく蜂の巣を見つけたらすぐに退治してしまいましょう。

もっと読む

ノミを室内でみつけたら

ノミはペットや野良猫が原因で家の敷地内に持ち込まれます。ペットを外に出す時には注意して、寄生されたら被害が拡大する前に駆除することが大切です。ノミ駆除業者に依頼すれば効率的に駆除できるだけではなく発生した原因が特定できるので、再びノミに悩まされることがなくなります。

もっと読む

忌避剤の散布で駆除

日本では、小さなアブラコウモリが外壁などの隙間から屋内に侵入することがあります。すると糞による被害がもたらされるので、早めに駆除する必要があります。とはいえ鳥獣保護法があるため、コウモリ駆除は追い出すという方法でおこなうことが大事です。追い出した後は、侵入口を塞ぐと再度の被害を防止できます。

もっと読む

家庭でできる害虫対策

男女

ダニ退治が人気を集める理由として何と言っても家庭で手軽にできることは外せません。最近では500mlから1lの量の忌避剤が1000円から1500円程度で市販されており、一度これを撒くと半年ほどはダニが寄り付かなくなります。人体に全く無害な成分で忌避剤ができているため、まず健康被害を心配する必要はありません。衣類や敷物を乾燥させることでもやはりダニ退治を行うことは可能です。ダニは乾燥に弱いので、普段から衣類や敷物から湿気を取ることが重要です。家庭用の乾燥機でも十分にダニ退治に効果を発揮します。掃除機で毎日敷物を吸引するのも悪くはありません。ダニは掃除機で吸い込むと案外簡単に退治できることがあります。

ダニ退治に燻煙剤が使われることもありますが、基本的に燻煙剤が有効なのはイエダニの成虫であって、人を刺してくるツメダニには効果がありません。素直に乾燥や掃除機での吸引、忌避剤などの手段を試しましょう。洗濯でダニを退治しようと考えている際にも注意が必要です。ダニは一定時間酸素が無くても生きられる生命力を持っているため洗濯だけでは不十分です。乾燥と合わせることが重要です。ダニは熱を加えると死ぬことがありますが、40度のお湯程度では死にません。熱でダニ退治を行うには50度以上の熱を加えることが必要です。それには乾燥機などを使用すると良いでしょう。もちろんダニが潜んでいる恐れのある衣類や敷物を熱湯に漬け込むのも悪くはありません。また、退治や対策を行なっても被害が減らないという場合は、専門業者へ依頼するとよいでしょう。専門業者では、ダニへの被害を減らすためにプロのスタッフが徹底的に退治を行なってくれます。作業にかかる費用などは業者によっても異なりますが、見積もり結果で知ることができるため、依頼する前に確認しておくとよいでしょう。